2017年02月28日

日本風の中華が食べたいなら、自分で作るべし!!

週末が明けての月曜日が結構好きな私。
週末は少しザワつく家の周りも週明けには静かで、1人ベランダで日向ぼっこするのが至福の時間

もちろん日向ぼっこのお供は、日本茶ですよ。
しかも粉茶っす。濁りまくりの!



スペインに来てからは、毎日が休日なので、月曜日に行くオフィスがありません

つまり単刀直入にいうと、

無職

まぁウェブのライティングなんかで、ちょっとお小遣い稼ぎもしてるんですが、やっぱり早くマドリッドで仕事がしたい…

仕事してない生活に、未だになかなか慣れないんですよねぇ…

友達には専業主婦ウラヤマ〜とか言われますが、あえて専業主婦になるのと否応なしになるのは、また違います…残念ながら

マドリッドの求人情報サイトを見てみても、どこもかしこもスペイン語は上級レベルが必須。(ここはスペインなんで当たり前なんが…)

私は背伸びしても中級が限界なので、まぁ気長にやるしかありません。

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•どんまいʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

話は変わりまして、先週末からヤタラ中華料理の口になっていた私。

もちろん日本の中華料理屋の味です、求めているのは。

マドリッドには中華料理屋がかなりあるんですが、やっぱりチョット?いや、かなり違うんですよね〜…
場所によっては味も美味しいんですけど、なんかあの日本の中華料理屋の味が恋しくて…(;へ;)

こうなったら、手段はただ一つ。




そう、
自分で作れ。



ということで作りました〜
『肉団子の甘酢あんかけ』
『春巻き』!
6CADEB5B-964B-41B1-91DA-DA428F5E9EDA.jpg
これがほぼ完成形なんですけど、結構手間かかるんですね〜肉団子!(゚Д゚)
9A45DF89-C2A1-499F-84EA-13A91B174D3A.jpg
合挽き肉に、玉ねぎや卵などを入れて玉状にして…
2A8A0029-BAB0-4CE4-83B9-9D2313DF219E.jpg揚げ〜るっっっ!
あーこの匂いが、すでに日本の中華料理屋っぽい、、、懐かしい感じ。
07C79F46-CCF9-418C-ADB9-39A0C85970CC.jpg
炒めた野菜に肉団子投入〜!!
甘酢と中華スープも投入〜!!

一方では、、、
巻き…

巻き…

巻き…D4D59151-490F-46ED-B310-6EAEDBE76337.jpg
いや、作りすぎたな…。トータル20本の春巻き。
スペインでも中華料理屋には春巻(rollito de primavera)があるんですが、そもそもコンセプトが違うんですよね日本と。
中身ほとんどキャベツで、スィートチリソースのようなタレにつけて食べるので、初めて食べた時は、

「ん…、これは春巻ではない」てなりました…

ということで今回の春巻の中身は、
ザ・日本の中華料理屋で頼めるやつ。


4E04C822-120F-4CEC-A898-655AB86E60D4.jpg

肉団子をさっき揚げた油で揚げたので、カスみたいなのがいっぱい付いてるやないかい!笑

揚げたてを味見しましたが…
あの味(;_;)…
う〜!!!!!!!!!

いつぶり〜!と懐かしさが込み上げる私。

さっそく旦那に
「これが日本の春巻!食べてみて!全然違うやろ!」と、聞くと

「かなり美味しい!」と返事しつつも、いつもの習慣でスィートチリソースみたいなんをかけ始めた旦那。

は…?笑

結局、味が合わなかったようです。
そりゃそうや!やめて!

やっぱ日本の中華は、最高ですっっっ!!╰(*´︶`*)╯♡

posted by ×子 at 13:40| Comment(0) | マドリッドのウチめし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

朗らかな初春の日曜日。

9F0084AF-6F6D-41FD-963E-ED536E99EF4F.jpg最近めっきり暖かくなってきたマドリッド。
2月は雨ばかりで、かなり陰鬱になっていましたが、最近はわりと明るく過ごしています(*゚∀゚*)

まぁ、もともと幼い頃から根暗気味なので、こればっかりは大人になっても変わりませんね〜…


週末の朝は、旦那と一緒に近場にあるバルで朝ごはんを食べるのが習慣。スペインの素敵なポイントとして、朝ごはんがすごい安いんです

バルは何軒か近くにあるんですが、今日はしばらく行っていなかったバルに向かいました。

ここのバルのパン・コン・トマテというスペインの定番朝ごはんが、めっちゃ美味いんですよ。
90AA54C7-872F-4CB1-99CE-ABBFE6F4A85F.jpg
ちょうどバルにある大型テレビで、日本の食生活の紹介とかしてて、
東京でフラメンコの先生をされてる日本女性がハードロック&フラメンコの組み合わせでイベントを行うこととかも紹介されてましただいぶ渋いっ。
この組み合わせはスペイン人にとって、かなり衝撃のハズ。

やっぱ日本人の発想って、唯一無二だわな〜と旦那と納得していました。

家に戻ってからは、スペイン人の友達のコンサートへ向かうべく、シティーセンターへ!
私たちの家の近くでは、日曜日の朝〜昼にかけて蚤の市(ラストロ)が行われているので、そのエリアを通り過ぎないといけません。
D98E6A6E-749B-4950-B457-E2A38CEDE878.jpg
これがラストロの入り口!観光ガイドなどにも載ってるほど、日曜日の定番イベントとなっています。

私の旦那は、アンチ・ラストロ派の為なかなか来ることはないんですが、すっごい人気ぶりですよ〜3BB878DB-9D37-4F35-AD32-6FD73278FF50.jpg
小物類から、靴、服、カバン、セルフィー棒やら、何でも有り
E620DE58-BE82-4792-85EE-CC44EB7C0393.jpg
16D22E6C-C258-467D-BD1B-0BFA033C01C2.jpg
服の盛り方がだいぶスパニッシュな感じになってますけど…笑(^^;)
気にしない、気にしない
2393BBEA-1675-4EE1-8E4D-98A20066EFA8.jpg
すんごい人、人、人。この近辺の通り全てにお店が出ています。
マドリッド観光に来た際は是非とも訪れるのがオススメですが、、、

​くれぐれも手荷物には注意しておいて下さいね!!!!!マドリッドの人混みはスリなどの危険性が大です。
この通りには蚤の市の他、骨董品を取り扱ってるお店や可愛いバル、レストランもたくさんあるので日曜日は是非ラストロへ

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

私たちはラストロを通り過ぎ、本命のコンサート会場へ。

ギャラリーやイベント会場として使われている可愛いスペースに到着しました。
B92D3374-D28C-474A-B1C7-8D6C70DC3104.jpg
これは地上の入り口から入ってすぐの場所。
今日は絵画などの展示販売の模様。
コラージュなどを施した面白い作品もたくさんありました!しかしお値段が…
またいつか…という感じです。笑

いよいよ地下のイベントスペースへ向かいます。
FB2D8600-2F02-4321-A600-F29DFBBDC0CB.jpg
石造りの可愛いスペース。
ワイナリーのような雰囲気で、本日はフリードリンクのサービス付きです
私はジントニックを頂いちゃいました。
こんなん飲んだら、間違いなく後でシエスタ確定。笑
まぁ、日曜日だから、、、

いよいよ友人のコンサートが開始!
F71BC5CC-A281-4935-B40B-52D0BFD9F65D.jpg
女の子3人組で、ウクレレとフルート、歌のハーモニー。
マジで、キュート
私の友人は日本にも数ヶ月住んだことがあるほどの日本好きなので、日本をテーマにした楽曲も披露してました(*゚∀゚*)
「フジ、ヤマヤマ〜」ってハーモニー激カワ。

コンサートが終わって、ちょっと友達たちとおしゃべりしてから帰宅。
もちろん私はジントニックが効いてきたので、シエスタの体制へ…
旦那はサッカーの試合をお父さんと観戦するべく、両親の家へ行きました!(*゚∀゚*)

サッカーの試合はスペイン人にとって、ホント重大なイベントなんです。笑

いつも命がけなんです。

基本お父さんと旦那は、サッカーの試合中叫び散らしていますが、私とお母さんは2人で静かにスウィーツを食べるのがいつもの流れ。笑

でも今日はシエスタさせてもらいま〜す
(( _ _ ))..zzzZZ

また明日〜



posted by ×子 at 01:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

マドリッドから片道50分!!日帰り旅行にオススメな世界遺産の街「クエンカ」

3CAAD59F-D676-44EB-BD3D-FFFC4D43EFCB.jpg
今週末はちょっとマドリッドから日帰り旅行でも行こうか〜と、話していた私たち。

マドリッドから日帰りとなると、思いつくのはトレド、セゴビア、クエンカ辺り?最初の2つは以前訪れていたので、未だに訪れたことがなかったクエンカに決めました(^^)

幸運なことに私の旦那はスペインの国鉄勤務。つまり日本でいう新幹線みたいなコチラの高速列車が家族割の特別価格になるのですっ!ホントにありがたい…さもなくば、旅行なんて貧乏人には夢のまた夢

ということで、朝からクエンカに行って参りました〜!!

ちょっとだけ早起きして、向かうは高速列車の出発駅になるマドリッド最大のアトッチャ駅へ(^O^)荷物のセキュリティーチェックがあるのが、少々うっとうしい(笑)ですが、本日の列車に乗り込みます◉
5ED2E012-D235-4E2D-A71C-1F2334464634.jpg
今回予約したシートは、もちろん最も安いシートランクである観光客用のもの。

でも十分快適だったんで文句なし♪充電できるコンセントまで付いてるんですよ?EDD52612-51E2-4DC0-B832-0EE9897576D6.jpg
マドリッドを出て15分もすれば、一気に景色が変わります。やっぱりたまにはマドリッド出ないとな〜
緑は目の保養にいいわ〜…まぁ、砂漠化したようなハゲ山もいっぱいあるんですけどね。(笑)822AE657-99FA-4BB2-98AB-5D163D7917B5.jpg

そうこうしてる間に、もうクエンカへ!!
なーんにも無くね?という感じ炸裂の駅に到着。駅自体はよくある感じの地方の駅。4E8C8A1C-C2C6-46D1-81AA-F28B6EF1C746.jpg
よーし、街行くぞーと意気込んで外に出ると…2A2FBF55-3DEE-4532-984A-1EBAB630EEA7.jpg
いや、街、遠っ!!!!
このパターン多いんですよ…スペイン。セゴビアも同じパターンで、駅周辺はリアルに野原だけ…。バスかタクシーでしか街にいく手段はないんです。しかもタクシーの運転手の客引きがヤバくて、ベトナム旅行を想い出しましたよ
旦那はこの意味不明な駅設定にいつもご立腹確かにこの街に住んでる人にとっても、観光客にとってもあまりメリットはないような気がします。
とりあえず街へ行く為、バスに乗り込み、いざ市街地へ
15分ほど揺られて下車したのは、カテドラル(大聖堂)前
19CAC03D-6DD6-4230-BE1B-7D4C77D50070.jpg
うぉ〜!やっぱスゲー!さっそく中に入りま〜す
確か入場料は3,8€/人ほどだったような…
全員に音声ガイドももらえるので、是非ガイドの説明を聞きながら回るのがオススメです

では、神々しすぎて目が眩みそうなカテドラル内をご覧下さい…
05B69F18-4248-472B-A37C-CE3B8EAC79F7.jpgB8B1E10E-A845-431F-B417-2672539F3184.jpg41924991-022C-4319-B096-7125F99911F3.jpgD1B14836-CB48-4FCE-ACC0-F6F6A9259674.jpgC3B317CA-D41B-455B-A54C-A181D34AD43A.jpg
神々しい…
6EADFC17-3A29-4A28-9B0E-CBD213A392EB.jpg0F79F37A-15B3-413D-B8DD-C67CBF09F985.jpg1D65CC31-DBC8-40FD-95F5-CD1E8B548A62.jpgD357DE0F-8262-49A9-94C3-34C72EC1E9DE.jpg
スペインに限らず、ヨーロッパ内に旅行に行った際カテドラルが観光名所となっていることは多いですが、いつも思うのが
「歴史ちゃんと勉強しときゃ良かったな…」ということ。少なくとも今は縁あってスペインに住んでるので、最低でもスペイン史位は理解しとかないと恥ずかしいですよね…トホホ(;_;)よし、アマゾンで1円で買えるスペイン史の本を探そう!

と1人考えながら、カテドラルを後に。

クエンカといえば「宙吊りの家」というのが有名なんですが、その宙吊りの家の1つ「スペイン抽象美術館」に参ります!!これ訳合ってんのかな…笑。
89D58030-42D9-4FBD-9D8E-1737988ACDE0.jpg

ちなみにコチラの美術館の作品、めっちゃめっちゃカッコいいです!!!!(しかも入場料はタダ)
抽象アートなんで、口で説明するのは不可能なんですけれども、
ちょっとご紹介する…
旦那のお気に入りスペイン人アーティスト作品FA00CA74-1628-4CA9-ABD1-7644A4849B57.jpg
私のお気に入りはコレ。
236AA2EC-623E-4758-8F8E-FBF42A414022.jpg
なんか写真だとわかりにくいんですが、実は立体なんですっ…!!!
14EC09C3-9C7D-4237-9AEE-ECF69545F134.jpg
近くでの拡大写真。何本か設置された釘のようなものにネットや針金が固定され、色づけされています。目の錯覚で様々な風に見えるんですアイデアが渋い。
B4314D0C-CB30-4AF2-8990-326D9717275B.jpg
作品数はめっちゃ多いってワケではないですが、1つ1つの作品がホントに面白いんで1時間位は居たような気がします。

美術館を見終わったら、この美術館を含む宙釣りの家を外から眺めにいきま〜す
これを見ずには、クエンカから帰れません!!
B4F332CD-4DB7-4A80-9AAA-7B10D046F4D6.jpg
私の写真、ちょっと遠すぎるかも…ミス。
右上の方にある崖から落ちそうな家、わかりますか?これが先程の美術館なんです◉
他にもレストランなどが入っていたり、この家から見る眺めもホントに最高なんですよ〜(*゚∀゚*)

そうこうしてるうちに、お腹が空いてきた私たちは、スペインのお昼ごはんの時間2:00pmの前にどこかで昼食を済まそうとレストラン探しを開始
偶然最初に見つけたバルが、なんとなく良さげな雰囲気?
「お腹すいたから、どこでもいい〜早く入ろ〜」というテキトーな私をよそ目に、用心深い旦那はトリップアドバイザーの検索開始。笑
ラッキーなことに、私たちの目の前にあるバルがクエンカ第1位に輝いていたのでした
さっそく中に入ってみると、いわゆるただの騒々しいバル。笑
でもごはんは美味しいんじゃない?という期待を抱いて旦那に注文はパス!!私たちが注文したのは、パテとソロミージョ(ヒレ肉)のトーストですC7E3CCA3-CB4C-4530-98E1-04E7902C6E07.jpg
トーストデカすぎて、旦那が切り分け中。73CB235D-F114-4C0C-A4A6-14FD4D867314.jpg
小汚いオリーブの種や紙ナプキンが写りこんじゃってスイマセングルメレポートは難しい…泣
ちなみにお味の方は○という感じでしたっ★個人的にはパテとマーマレードの組み合わせが最高でした!(*゚∀゚*)

お腹が満たされた私たちは、再度お散歩に出発◎石畳が続き、カラフルな家屋が並ぶクエンカの街並み。もちろんお土産屋さんも多いんですが、職人さんも多く住んでるようです
まず気になったのが、こちらのお店。
43D4891E-B6F6-47E7-94F6-D356C5B1DBE0.jpg
店頭に飾っていた商品がどれも可愛く、見たことのないものばかり。割と可愛いものも大好きなガーリッシュな旦那と共に、
「入る?入る?」「入る?入ろ?」
とヤタラ入るを連呼して中へ。C0539FC5-8AEA-4E82-9D4D-4B9B875170D3.jpg5EC0CE65-0015-4A5B-9580-75B5B73CCFEF.jpg61C3378F-BAC8-4800-9B3C-C5A047880C14.jpg

やっぱ、めっちゃ可愛いやーん!どれもこれも!しかも様々なスペインのアーティストの作品を取り扱ってるそうで、どれも一点ものなんですって
私と旦那は、写真のロボットに完全一目惚れ。一体55€だったんですが、まさかの1体に絞れず男の子バージョンと女の子バージョンの対で2体購入しました…。もちろん結構な出費だったんですが、あまりの可愛さに後悔なし!ちなみにこのロボットの作者はバルセロナで活躍してるアーティストの方だそうです。かっちょい〜

ロボットを買ってルンルンの私たちは、そのままクエンカの最も標高が高い場所まで散歩。
マドリッドよりは冷えるクエンカでしたが、晴天に恵まれ、尚且つ傾斜がヤバイため、ヒィ〜ヒィ〜ゼェ〜ゼェ〜と呻きながらの登頂。
頂上からの眺めは最高で、椅子に腰掛けてリラックス
空気が美味しい〜!マドリッドは大気汚染がひどいので、こういった郊外の街に来ると空気の美味しさに気づきます。

帰りのバスはカテドラルの前に5:00pm発車の予定だったので、トボトボと歩き始めた私たち。
もうすぐカテドラルのはず〜と話してると、またまた可愛いお店発見…
89F000FF-B9F8-407A-BBFD-A5CAC4C9ECDF.jpg
これも明らかにハンドメイド系よね…
いやロボットも買ったし、ちょっと出費かさんでるし〜と思いながらも、気づけば2人とも店内へ。
2F66A685-80A1-4855-95F5-287F3C0972B9.jpgD4AE787A-263E-4880-B437-11786872DA5E.jpg
全部オーナーの方の(もちろんアーティスト)手作り。

あ〜、、、またまたどれも可愛いすぎ!!!
そら、旦那も日本語で「かわいい〜」て言ってまうわ。

結局、異様な感じがクールなお皿を購入し、本日計150€ほどを家に飾るデコレーションアイテムにつぎ込んでしまいました…。
まぁ、普段全然買わないし、今日はヨシとしましょう旅行の思い出にもなるし。

そうこうしてる間にバスが来て、大通りに出ようとしたところで、バスが急停車。外から異様なまでの爆音ミュージック。なんか、嫌な予感…
大量の仮装した人がパレードに参加しているのが見える…すごい、何人、何百人規模?
バスの運転手が、交通整理の人にキレているのも同時に見える。

これ確実、通れませんって展開やん…

帰りの電車の時間もある私たちは軽くパニック。旦那はバスの運転手に話をしにいき、別ルートで駅に向かってもらうことに。

万事休す

無事に駅に到着した私たちは、本日の戦利品たちを胸に抱き、マドリッドへと向かうのでした〜

214B7B82-C099-4AD7-B8F2-C00FCB1E802B.jpg




posted by ×子 at 17:39| Comment(0) | スペイン国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

出会いは、正に唐突!!人生って、予想不可能

IMG_9900.JPG
人生って本当に予想不可能なことばかり。
今回は私とスペイン人の旦那との出会いについて振り返ってみたいと思います★

彼と出会ったのは、2014年の春。偶然、旅行(?)まぁ詳しくいうと旅行ではないのですが、マドリッドにある某ライブハウスで、偶然的に出会うことになりました。
その1週間ほど前に、またまた偶然友達と日本周遊旅行に行っていた旦那。そんなことから少しだけ話をして、
「ちょっとビールおごりたいから、違うとこに行かない?お願い!」というキラキラした目での軟派な誘いに、
「(あ〜やっぱ、スペイン人ってチャラいな…)」と思いつつ、断固拒否(´-ω-`)

日本人女子なめんなよ…とご立腹の私は、
「疲れてるから、また…」そっけなく返事をし、その場を後にしたのでした。アディオ〜ス◎

翌日Facebookで長文メールを送ってきた旦那。
が、「またスペイン行くことあったら、是非飲みにいきましょ〜」的な、適当なやりとりで終了し、何事もなかったかのようにヨーロッパから帰国すると、またまた旦那からの長文メッセージが届きました。(゚o゚;  

優しい気遣いが随所に見られる優男の旦那のメッセージは、少しハートに響くものがあり、それからは毎日のように旦那は長い長いメッセージを送ってくれるようになりました。

数ヶ月とやりとりが続き、徐々に恋心なるものが芽生え始めていた私…。

旦那は「好き」とこそ言わないものの愛に溢れたメッセージで、私の本心としては…

私:この人とこのままメールを続けていて、なんか今後起こるのかな(´-ω-`)
スペインと日本とか遠すぎるし、まぁ2度と会うことはないやろな。たぶん彼に彼女が出来たらメールして来なくなるはず…そうなると仕方ないけど、ちょっと寂しいわな(;_;)

といった感じでした。

夏の終わり、仕事で憔悴しきっていた私はリフレッシュを兼ねて東南アジアに1人旅に行くことを決意!やっぱベトナムかな〜なんて考えつつ、そのプランの話を何気なく彼にメールしていました。

「僕も行っちゃおっかな!笑」とふざけてメールしてくる彼。
「スペインからは遠いね」と私も返し、繁華街のホテルに滞在すること、いつからいつまで旅行に行くからメールを返せないことなど、彼に伝えていました。

そして迎えたベトナム旅行当日!

空港から乗った悪質なタクシーにボッタクられ、怒り心頭の私がホテルに着くと…
ホテル目の前のテラスで、ビールを飲む超ラテン系男子!!

私「!!!!!」

旦那「君に会うのに22時間もかかったよ!笑  ヘトヘト〜」

いや…こんなこと私の人生に起こっていいの?!?!ロマンチックすぎるやろ、この展開。
完全パニックの私。

とりあえず旦那がサイコ野郎である可能性はゼロではないので、少し警戒しつつ(笑)「心配しないで!もちろん友達として旅行を楽しもう」と、やっぱり優男の旦那。

が、しかーし!!!!!

翌々日の夜、旦那がスペインから持ってきてくれたワインを部屋で一緒に飲んでいる時に、
いきなり「僕が大好きなの知ってるでしょ?」と真剣な顔で言ってきた旦那。

「うん…まぁ、、、」と困惑しながら、自分に12,000キロも離れた彼との遠距離恋愛ができるのだろうか、それに耐えられるのだろうか、そんな考えが頭を巡り、言葉が発せない私。

その状況で、数時間が経過…笑(゚o゚;

小汚いハノイの街に、ホテルの窓からはキレイな満月が見えており、
「私たちだったら、遠距離でもいけるんじゃない?私もあなたが好きだし!」と、数時間後とうとう勢いで言っちゃいました。
その言葉を発した3AMの旦那の可愛い笑顔は今でも忘れません。

後に旦那は「あれだけの時間何も言わないとか、ホント鬼畜すぎ!」と言ってます。うるせー!笑  

そして晴れてカップルとしてスタートした私たち。ベトナムで壮絶ながらも人生で最もロマンチックな旅行を共に過ごし、空港から旦那はスペインへ、私は日本へ帰り、また秋に会うことを約束してサヨナラを告げたのでした。
IMG_6352.JPG
こちらは、世界遺産のベトナム「ハロン湾」。2泊3日、このハロン湾にてホテル兼の遊覧船で過ごしました。
また旦那と60歳なったら行こか〜と言ってます!

次は絶対タクシーにボッタクられないようにしてやる…。笑

posted by ×子 at 03:27| Comment(0) | 国際結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

とりあえず落ち着いてきたので、つらつらと書き始めま〜す

初めまして♪ブログの筆者である私は、2016年の春過ぎにマドリッドへ移住しました関西出身の×子と申します。


勢いだけでこれまでの人生を過ごしてきましたが、スペイン語をろくに勉強したこともないのに、またまた勢いでスペインへも渡ってしまいました。完全に、やっちゃった感出てます…

「わ〜海外生活が始まるー!♡」と胸をドキドキさせていたのは、到着後最初の1週間だけで、その後人生でも1,2を争う怒涛の半年となった2016年inマドリード。

人にもよるでしょうけど、結論マジ病みました〜
海外生活って聞くと華やかなイメージがつきものですけど、実際は結構ハードなんですよ…もちろん素敵なこともいっぱいあるんですけどね、、、涙;
そこで、私は包み隠さず両側面をご紹介できればと思ってます◎

ともかく!2017年に入りようやく生活も落ち着いてきたので、ブログでも始めようかなと思い今に至ります

軽く自己紹介すると…私の出身地は大阪近郊、まさかのキッカケで出会った超ラテン系の濃い〜顔なのに性格めっちゃ日本人のスペイン人夫と遠距離恋愛を経て、現在二人暮らし。
毎日のようにお互い、
マジでムカつく〜!!&愛してるよッ
を1時間交代くらいに言い合っています。完全に謎です。
まぁでも一言…エエ旦那なんです。

スペイン語にはだいぶ慣れてきましたが、今も語学学校に通いつつのーんびり勉強中。一時期はスペイン語がわからなすぎて(今もですけど…笑)、枕を濡らすこともしばしば。。。だから決めました、、、テキトーにやろうって

今後はマドリードでのたわいもない話から、2016年に乗り越えた「国際結婚」に至る強烈な手続きのことにいたるまで幅広く執筆できればと思ってます。当時は憔悴しきっていたのでブログを書く元気さえありませんでしたが、今後国際結婚される予定の方に参考にしていただけるよう、あの経験を何かの形で残したい…!

あとマドリードって意外にブログされている日本の方が少ないんで、マドリードの現地情報的なんも、ちょくちょくご紹介できたらなと思ってます(^▽^)

とりあえず、引き続きよろしくおねがいいたします!!!
IMG_5035.JPGIMG_5032.JPGサムネイル2.JPG
posted by ×子 at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事