2017年03月01日

まさか、スペインで桜?

今日は週2のスペイン語の語学学校。

いや、今日はホンマに疲れました…体ではなく、精神が…((((;゚Д゚)))))))

スペイン語を、まだまだ理解できない自分が悔しい…(泣)

私は今いわゆるスペインの公立の語学学校E.O.Iというのに通ってまして、週2の従業が10月頃から5月終わりまであって、授業料はなんと200€チョイ!これは語学学校の中ではダントツ安すぎます。

以前は、Madrid Academia Plusというシティーセンターの地下鉄オペラ駅の目の前にある私立の語学学校に通っていたんですが、やはり授業料がバカにならない…
授業内容もすごい良くて、先生も大好きだったんですが、運良くE.O.Iに入れたので、今年からはコチラの一本に絞ってます。

日本に帰国した際に、散財しすぎた為…。笑

私立学校は金額も高い分、少人数制でスペイン語で話すチャンスがめっちゃめっちゃあります。名指しで、「×子は、どう思う?」「この点、日本ではどう?」みたいな意見をすごく求められるので、生徒それぞれの国について詳しく知れました。またわからないことがあっても、個人的に質問するチャンスが授業中にあるのも良かった点です。

その点公立の語学学校は、私立に比べて1クラスの人数も多く、先生が前に立ってその説明を聞くという日本の学校と同じスタイル。でも人数が多い分、より多くの人とコミュニケーションを取る機会もあるし、私立学校ではなかった文章を書く練習が多いのが、個人的に気に入ってます。

宿題として「テーマ」を渡されて、そのテーマについての意見をノート1ページぎっしり書いて提出。後日先生が添削したものを返してくれるという形式。

ご想像通り、赤ペンで埋め尽くされてますが…((((;゚Д゚)))))))

自分の意見を述べる際、最初は辞書を使わずにギリギリまで知ってる語彙力で挑戦しますが、やっぱり無理なんで辞書を使うと、その時に覚えた単語は結構後々にも覚えてるんですよ何故か。

スペイン語の文章を読んでて、わからない単語を辞書でひいても、即忘れちゃうのに!(゚Д゚)

まぁ、ともかく語学は忍耐が重要なんやなって、思い知らされてます。

今日の授業もそう…

やっぱり語彙力がなくて、文章内容が把握できず、答えを導き出せないんですよ…

もう、ギャン泣きしたくなります。

まずは語彙を増やして、あやふやな動詞活用をきっちりしないとなぁ。

3年位スペインに住んだら、スペイン人同士の会話にも首つっこんで話せるかな…

しょぼん。(´・ω・`)

と思いながら、学校から1人帰っていると、、、

幻想かのように現れた

「桜」?!?!?!
3C5761BF-5990-4BB5-8986-7AC08EE770E0.jpg
に見えませんか〜?チョット!?

D68E44B0-02C4-4171-AAE4-0489DBF4BD9E.jpg


癒される〜偽サクラ〜

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

この花は、実はアーモンドの花なんですって!
アーモンドって、こんな木なん?って初めて知りました。この花が落ちると、その実がアーモンドになるのかな…謎。
9C322021-95D0-42E6-A979-14C901CE3F4A.jpg
花びらも、結構桜に似てる。

カワイイ。

傷心の私に、ちょっとした癒しなのでした〜

╰(*´︶`*)╯♡





posted by ×子 at 03:48| Comment(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村